『☆#%◎※…』

あくまで一ファンの独り言です。

はてブロで出会った素敵なお友達





最近本当に大好きが止まらなくてしょうがないので書きます。
はてなブログを通じて知り合ったお友達の話です。


始まりは、私の拙過ぎるブログにスターをつけてくれた事。
正直それがいつかは覚えてません…
ほんっっとに申し訳ない…すみません…

それから気まぐれに更新した私のブログに毎回スターをくれて…
それでも挨拶しない私、なんて失礼な奴なんだ…

時は経ち、2017年1月某日。
その数日前に更新したブログにつけられたスターの通知をふと思い出し、「あ、挨拶しなきゃ」という気持ちでいっぱいになって、ようやく相手のブログにコメント。
いやいや、遅すぎだろ。
それなのに、とても嬉しい言葉を沢山綴ったお返事を下さった素敵な素敵な方。

それからは凄いスピードで仲良くなって、お互い何度も「まだ出会って1年経ってないんだよね?!」と確認し合うぐらいに距離が縮まりました。


初めて会ったのは『If or…Ⅸ』の大阪公演。
私は舞台を観に行く予定はありませんでした。
その方にどうしても一目お会いしたくて、お仕事終わりにサンケイホールブリーゼに足を運びました(笑)
SNS上でしか遣り取りした事が無く、どんな人なんだろうかとソワソワドキドキしていたら…
えっっっっ、ちょっっっ美人…どうしよ…困る…
華奢で落ち着いた優しいお姉さん、顔が可愛い!!!
一緒にお話ししてるのが申し訳ないぐらい可愛い…
でも話してると、すごく心地良くて楽しくて柔らかい雰囲気で、それでいてめっっっちゃオタク!!!!!(笑)
あの顔でめっちゃオタクなの最高すぎるでしょ…
その時は少ししかお話出来ませんでしたが、それでも好きだと確信しました(黙れ)
本人には言ったことないんですけど、あの後「不定期にツーショットを見返してはニヤニヤする」ってことを、次に会う日まで結構してました。
めっちゃキモい自分。


その後、2回目の約束が決まったのは今ツアー『ジャム』の当落発表日。
当選したのは私でもその方でもなく私の友人の親戚ですが…(笑)
余った分をお譲り頂けることになったおかげで、2回目の会う約束をついにする事が出来ました!
「2ヶ月後か〜まだまだだな〜」なんて思っていました。

ところが、思いがけず1ヶ月後に会える約束が!
その方が、安田くん主演舞台『俺節』の大阪公演を観劇する事が決まりました。
例に漏れず、私は行く予定はありませんでした(笑)
それが決まった時には既に1ヶ月を切っており、急に楽しみが舞い込んできたとワクワクしました。
6/24の日になるまで、その方に会える事だけを楽しみに仕事をこなしました。

そして当日。
生憎の雨でしたが全然苦じゃない!
オリックス劇場にて、安田くんではなくその方の出待ちをしました(笑)
私の出待ちバージンを捧げました。
その日の夜は言葉にならないぐらい楽しくて、時間が経つのが本当にあっという間で、ずっと今日が続けばいいとすら思いました(重い)
帰りのバス乗り場で見送る時、ひたすら「寂しい〜え〜いやや寂しい〜」と連呼していた私はさぞかしうざかったでしょう…
あんなに名残惜しい別れは、一人暮らしを始めたばかりの時に母親と離れた日以来ではないでしょうか…


そして1ヶ月後。
ついに私のツアーの幕開けと共にあの方とも再会!!!
会う前にネイルに行くも、予想外に押した時間。
ただただすんませんでした_| ̄|○
それでも全く責めず、優しくニコニコしてくれるお友達。
マイエンジェルすぎる…愛おしい…
その後、当日同じく参戦する私の幼馴染も交えて3人で美味しいランチを食べました。
私的ツアー初日となる7/22の大阪公演。
ここ最近で1番エイター!!!!!って感じのライブでした。
本当に純粋に雰囲気を楽しんで盛り上がって、みんなで声出して喜んで、WASABIのイントロでハグしあって…(笑)
久しくそんな見方をしていなかったので、「ああ、これがライブやな…」と再確認出来た公演になりました。
終演後、余韻を残したままトリキへ流れ、余韻に浸りながら酒を飲む。
トリキの味玉美味すぎません?!?!
味玉とウーロンハイで生きられるよ?!?!

もうあの日の味玉とウーロンハイと楽しい空気忘れられないよ…

翌日。
ゆっくり起床し、2人で再放送の夜ふかしを見て笑いながらゆっくり準備開始。
私は大阪最終日も入る事が決まっていたので、お見送りする事が出来ず残念でした…
最後1人にしてしまって本当にごめんなさい( ; ; )


そして、先日の名古屋公演最終日。
またしても再会。
もはや会いすぎでは?!
思いがけずまた一緒にランチを食べ、少しお茶してお別れをしました。
丸山くんからのファンサのお話。
私は直接聞いたんだ〜羨ましいだろ〜羨ましいって言えよ〜
本当に本当に本当に嬉しそうで幸せそうで、こちらにも幸せのお裾分けをしていただきました(*´꒳`*)
こんなに大切に想ってくれるファンが居て、丸山くんは幸せ者だな〜と、丸山くんが羨ましく思えました。


次に会うのは1ヶ月後です。
順調です。良いペースです。
初めて向こうの家にお泊まりです。
ドキドキしちゃう。下着新しいの買おっかな…
まあ下着はどうでもいいとして…
こうやって会える約束があると、そこに向かってお仕事を頑張れるので、本当に感謝しています。

一回好きだと思ったら死ぬほどしつこいし、うざいぐらい懐いてるのに、いつもニコニコしてくれて胸がキューっとするぐらい優しいお姉ちゃんみたいな人。
方言が可愛い!服装も可愛らしい!そして顔が可愛い!
何より丸山くんへの愛が!関ジャニ∞への愛が可愛い!

本人は自分をあまり良いように言わないのですが、私はこんなに優しい人を他に知りません。
褒め過ぎてわざとらしいと思うかもしれませんが、本心なんだから仕方ない!
お話してると心が洗われる気がする!
そしてほっこりする!ほっこり!!!!!(©︎大倉忠義)
こうして書き連ねている今も会って話したい気持ちが加速しています…
すごく気持ちが悪い!キモい!わたしキモい!
こんなに全部書かれて絶対引かれてる!やばい!
もはやLINEもTwitterもブロックされる覚悟で書きました!

もしブロックされたとしても、名古屋公演最終日に星野珈琲でくれたファンサは一生忘れません。

今ツアーで私にファンサをくれたのは、錦戸くんでも他のメンバーでもなく、丸山くんの未来のお嫁さまでした。


私は生粋のにゃろめ担です。


LOVEにゃろめ!!!!!!(古い)






今週の錦戸くんブログを拝読



毎週木曜日18時に、Johnny's webの会員限定コーナーにて更新される『関ジャニ戦隊∞レンジャー』という名のメンバーブログ。
私はほぼこれだけの為に、月額3??円を払っています。(詳しい金額忘れた)
というか、その中の錦戸くんのブログを読む為だけに、毎月幾らかのお金をJ事務所に落としています。
短い時もあれば、こんなに?!と驚くほど長い時もあるのですが…
長さ云々より、毎度タイトルを更新時間にしてくれる事によって、「ああ、この日のこの時間私がこう過ごしている間に、錦戸くんはこの文章を打っていたのだな、ふふふ」と勝手にそれぞれの過ごし方を照らし合わせられる唯一のツールである事が私にとってすごく重要なのです。


そんな幸せ直送ツールの錦戸くんブログ、今週はlaptopのため長文でのお届けでした。
しかも錦戸くんの思考の変化まで綴られた特別付録付き。何度も読みました。
全文は月額会員のみの特権であると考えていますのでざっくりと書きますが、錦戸くんが私たちにお伝えしてくれたのは「やりたい事は口にした方がいい」という事でした。
大いに賛成です。そんな錦戸くんが好きです。
錦戸くんが好きだから賛同したのではなくて、自分にも心当たりがあったから言えるのです。

この文章を読んで、高校の卒業アルバムに書いた事を思い出しました。
卒業生それぞれが卒業後の夢や目標を書くページ。
私はそこに『21歳で東京進出!』と書きました。
現状この目標は達成するには程遠い位置に立っています。
卒業手前、先に記入していた人の言葉を見ながらすごく考えました。
漠然とした事は書きたくない、でも当たり障りのないすぐ届きそうな事も書きたくない。
正直これを書くのは恥ずかしくて躊躇っていたのですが、結局私が友人に時折こぼしていたこの言葉しか思い当たるものはありませんでした。
勿論記入した時は本当に目標通り生きるつもりで書きました。

でも実際社会に出てみると、全然甘くはなくて。
一向に増えない預金残高、意外とすぐ減る洗剤やトイレットペーパー、一番頭を悩ませる食費。あとブルーレットってめっちゃすぐ無くなりますよね。あれ8回ぐらい流したらもう空ですよね?ビッグとか無いんかな。
そんなこんなで毎月怯えながら家賃を振り込んでいる私には、到底21歳で東京進出なんて無理な話です。
「同期の卒業生全員の目に触れる記念すべき卒業アルバムに何故あんな事を書いたんだ」と悔いた事もありました。
だってきっと一、二を争うぐらい具体的に書いたのに。結局叶えられないなんて、ただの恥晒しにも程がある。
そう思ってました。

錦戸くんのブログを読んでから、それがスッキリと消化されました。置かれてる現状は全く違いますけど。
結局のところ、私の完璧な目標は恐らく達成出来ませんが、私にはまだまだそれを叶えるチャンスはある。21歳が限界ではないし、これから何が起こるか分からない。
今は卒業アルバムに書いた事に1ミリも後悔なんてありません。
めちゃくちゃ格好付けた事言いましたけど、その気持ちは嘘じゃないし、あの時の気持ちを思い出させてくれた錦戸くんに勝手ながら感謝しました。


今週のブログにはその他にも私の心をキュっとするような事が綴られていたのですが、錦戸くん作詞作曲の『Traffic』は何もかもが錦戸くん好みに作られているらしく、早く聴いてほしいみたいなので、既に今から大好きな曲だと言っておきます。まだ聴いてませんが。
ある一文が本当に私をときめかせました。
会員限定なので書きませんが。

一つ書くとしたら「シャワー行ってクルァ!」が最高でした。
「クラァ!」じゃなくて「クルァ!」なのが。
口語感あってgoodですね。巻き舌感出てます。
(´д`・)< クルァ! って感じですね。かわゆい。


歯磨いてクルァ!



錦戸くん魔法使い疑惑

 

 

何も感じなかった物事に色がついて見えたことありますか?

何も感じなかったり興味の無かった物事がグレーだとして、その全てに色がつくんです。

決して超能力とか特別な能力じゃなくて、そう感じるようになったっていうのが本当のところなんですけど。

わたし四流のポエマーにでもなるのかな。

 

 

全てに関わるのはいつだって錦戸亮くんで。

どれだけ私に影響を与えれば気が済むんだって感じですよね。

こっちが勝手に影響受けてるだけなんですけど。

本当につくづく影響を受けやすい人間なんです。

 

ずっと嫌いだって言ってた曲があって。

音楽番組でそれを某グループが歌ってるのを見る度に「どこがいいのか分からない」といつも言ってて。

だけど、悲しいことにそれが錦戸くんのお気に入りの曲だったみたいで。

自分の感性に腹が立ちました。好きだと思えなかったことに。

でも気付いたらなんで嫌いだったのか全く分からなくなりました。

なんでかって?

錦戸くんが好きだって言ったから。

だから色がついたんです。

 

全く知らない曲だって、錦戸くんが口ずさめば色がつく。

ひょっとして錦戸くんは魔法使いか何かでしょうか?

そんな訳ないですよね。20世紀に日本に生を受けた人間です。

錦戸くんは何もおかしくなくて、ただ私の頭がおかしいだけです。

 

でも同じ服を買ったりしたいとは別に思わなくて。

彼女でもないのに勝手にペアルック気分味わうの気持ち悪くないですか?

錦戸くんから「これ、ペアで買ってん」なんてちょっと照れながら渡されたら、勿論喜んで受け取りますし、外で着るのは恥ずかしいので家の中でなら喜んで着ますけど。

同じ服やアクセサリーを持っている人全員を敵に回してそうなので、あくまで私は、っていう意味です。そうです。

 

錦戸くんが好んでよく身に着けているブランドやアイテムもある程度把握しているつもりですし、それを身に着けている人を街で見かけると自然と目が行くのも癖になりました。

でも、自分も身に着けたいとは思わない。

シンプルに、多分似合わないから(笑)

たまにSNSで、錦戸くんと同じアイテムを身に着けていらっしゃる方をお見かけしたりするのですが、正直似合っていないなと思う時があって。

いや人のことはほっとけよ、って言われたら10000%正論です。

でも目に入ったら絶対何か心の中で思っちゃうじゃん!

人間ってそういう生き物じゃない?

まあそういうのはどうでもいいんですけど、本当に似合ってない人がいて。

私のポリシーとして、例え錦戸くんが身に着けていようと、自分に似合わないものは絶対に身に着けたくないんです。

錦戸くんは勿論それはそれはもう世界で一番なんじゃないかってぐらい似合ってますよ。

でも、錦戸くんに似合ってるからって全員似合うなんてありえません。

私は似合わない顔なんです。

 

すごく話が反れました。

女子の典型的な会話の流れであり、私の悪い癖。

聞いてないって?じゃあもう見ないで。

嘘です。寧ろここまで読んでくださって本当にすみません。

人生で一番無駄な時間ですよねすみません。

本題戻ります。

 

錦戸くんの好きなブランドも元々私とは縁のない系統だったんですけど。

っていうか元々メンズブランド全く興味なくって!

なのによく身に着けてるアレだったりとかソレだったりとか、不思議なぐらい格好良かったりセンスが良く見えるようになって。

でもどれも名の知れた有名ブランドなお陰で、街中でも身に着けている方はゴロゴロいるのに全然ときめかない!

それこそ不思議なぐらいに。

全部グレー。何もかも。

 

色付けは錦戸くんにしか出来ないんだって気付きました。

 

身に着けたものも口ずさんだ曲も美味しいと言ったものも、錦戸くんの頭の中に良いものとしてインプットされたものにはきっと全部色がついているのかな。

言葉が宝物になるっていうか。

すごい気持ち悪いこと言ってますよね、私。

まじで四流のポエマーですよね。

でも本当にそんな感覚で。

どれも聞き漏らしたくないんです。好きだから。

 

昨日までただそこにあった物なのに、錦戸くんが口にするだけで大事なものに変わる、ってそれこそ魔法みたいじゃないですか?

錦戸くんやっぱり魔法使いなのかな…

アイドルが魔法使いってファンタジーすぎません?

ホグワーツ通ったのかな。

 

とかは本当にどうでもいいんですけど。

 

とにかく錦戸くんには不思議な力があるんです。

そして私はその影響を体全体でバッシバシに受けまくっています。

もっともっと彼が放つ色を見たいし感じたい。

知らない世界を見せてほしい。

何より今ここまでの文章が本当に恥ずかしい。

このブログ最初から最後まで恥ずかしい。

 

 

錦戸くん、魔法解けてるからはやくかけて。

 

 

 

シンプルにスッキリしたかっただけの話

 

 

 

関ジャニ∞を推し始めて早8年。

一つ年を取り、大人に近づく毎に考える事が増えました。

考える事が多すぎて悩んだり塞いだりする事も多くなりました。

友人からは「深く考えすぎだ」とすら言われました。

その通りだと思います。

 

関ジャニ∞が好きだと言い始めて早8年。

私はもう、「関ジャニ∞のファンだ」と言える自信がほぼ無くなりました。

 

 

と書くと、すっごく重い聞こえ方なんですけど…

別に嫌いとかではなくて、ただ興味が薄れているだけで。

 

爆裂現在進行形で錦戸くんへの一方通行の想いは加速し続けるばかりなのですが、それと反比例するように他のメンバーへの興味は日に日に薄れていきます。

各媒体、錦戸くんが出ていなければ見なくてOK、買わなくてOK、行かなくてOK。

多分、いろんな人から嫌われるタイプのファンにいつしかなっていました。

 

昔は全員好きで、誰かが出ている番組は必ずチェックしていましたし、雑誌も全員分隈なく読んでいました。

今もどちらかと言えば他のメンバーは好きです。

別に嫌いになる要素とかないですし。

好きとか嫌いとかより、普通?

別に。みたいな。いつかのエリカ様みたいな。

 

最近は続々と他のメンバーに仕事が舞い込んで少しイラついてます。

錦戸くんに仕事を与えない関係者各位に。

「2017年は個人の仕事も充実させたいな!」と某雑誌で言った錦戸くんを無視するつもりですか?

 

お仕事のことはさておき、この興味の薄れ具合に、果たしてこれでいいものかと少し悩んだりした事もありました。

でも別に誰かに、そんな気持ちじゃだめだ、と言われる筋合いもないですし、人それぞれに応援の仕方は違うわけで。

みんな同じスタンスな方が逆におかしな話ですよね?

宗教じゃあるまいし。怖い怖い。

私が他のメンバーに興味が無くなったところで、誰にも迷惑は掛からないし、他のファンには関係ありません。

むしろ悩んでた自分に自意識過剰では?とすら今なら思えます。

 

多分ファンとして所謂「マイノリティ派に立っている」と思ってる方は他にもいると思いますし、私の近くにも実際いらっしゃいました。

その人は私とすごく似た感覚を持った人で(ファンとしてのスタンスは全然違うのですが)、私のように一度気になると考え込んでしまう人で。

これは、その方に直接お伝えしたかった事なのですが、少し間が空いてしまったので言うタイミングを逃してしまい、ここに書く形になりました。

 

一人が好きならその人だけを追いかければいいし、全員が好きなら全員を追いかければいい。

ただそれだけのことだって思ったらなんて単純なのでしょう!

そしてどうしてこんな簡単な答えになかなか辿り着かなかったのでしょう!

全員を大好きじゃなきゃファンじゃないなんて誰が言った?

誰かに一途じゃなきゃファンじゃないなんて誰が言った?

自分の好きなようにやればそれが一番ラクなの!!!!!!!!!

 

ほっ、スッキリした。

 

興味がないとはいえ、錦戸くんが他のメンバーといるところを見るのは変わらず大好きです。

関ジャニ∞でしか見られない錦戸くんの表情や色があって、いろんな部分を引き出してくれる6人にはいつもありがたい気持ちでいっぱいです。

錦戸くんが「関ジャニ∞やっぱりええな」と思い続ける限りは、私もきっと関ジャニ∞のことが好きです。

 

 

ただ、もう錦戸くんに関しないところにはお金は使わないんだろうな~

 

 

 

 

私が見たいアイドルの姿(内容の薄さLv.田舎の煎餅布団)

 

 

 

あるアイドル誌での言葉。

 

今お気に入りのアルバム:Lil Wayneの『Tha Carter Ⅲ』

 

Lil Wayneは私になかなかのパンチを与えてきた。

普通アイドル誌に今よく聴いてる音楽でLil Wayne出さないでしょ。

でも出すのが錦戸亮なのよ。

そんな錦戸亮が好きなのよ。

 

ゴリゴリのクラブミュージック。初めて聴いた時驚いて笑った。

「あー亮ちゃんこんなの聴いてんだー、らしいわ~」って。

Tha CarterⅢはこれがHIP HOPなのかって印象だったけど、

その後のⅣに関してはもうなんか、言葉も出ねえ。

あれを好んで聴いてた亮ちゃんまだまだ若くて元気だな。

いいぞもっとやれ、って感じだけどもう聴いてないっぽいので残念。

 

私は「今よく聴いてるのはLil Wayne!」って言ってる錦戸くんに夢を見ていた。

だってチャラいから。イケイケで実に遊んでそうだから。

 

心のどこかで錦戸くんにはずっとプレイボーイでいてほしい思いがあって。

煙草ひっきりなしに吸って、アルコール記憶飛ぶまで飲んで、

それで知らない女の子持って帰ってパクっと食べて。

これ別に私の想像押し付けてるだけですから。

もしそうならなお一層好きだなって。

だって錦戸くんレベルの顔面で遊ばない方がおかしくない?

普通遊ぶよ!ブイブイ言わしてるよ!顔面の出来の良さひけらかしてるよ!

錦戸くんなら遊んでても誰も文句言えないでしょ?(極論)

 

 

あの十祭の挨拶。私はその場にいなかったけど、映像に残してくれたおかげで一番記憶に、

あ、私的に二番目かな、に残る挨拶。

私は良い意味であの言葉は真に受けてないけど、

あの挨拶がそれまで週刊誌に載ってきたこと全てを肯定したように感じて、なんだか高揚した。

今までの記事のどれが嘘か本当かは本人しか分からないことで、私が知る由もないのだけど。

錦戸くんがブイブイ言わせた武勇伝聞きたくない?

「めっちゃクズやーん」

「ばり遊ぶやーん」

「もう病気やーん」

この3パターンの相槌打ち続けて一生聞いてられると思わない?(何したかは全く知らない)

 

最近はめっきり某雑誌には出なくなっちゃったけど、

こっそりブイブイ言わせてたらいいなって一人で思ったりなんかしたりして。

 

 

本当はもっとオープンに喫煙してほしいし、関係なくアルコールも摂取してほしい。

30代成人男性、みんな呑むだろ!煙草も吸うだろ!

我慢しなくていいんだよ、好きにすればいいんだよ。

っていう風に思わない人もまあ絶対にいるわけで。

そういう人の夢を壊さないため、あくまでアイドルなんだから。

私的には、ん~~~~~~そこは別に良くない?ってなっちゃうんだけど...

人より極端に現実を見たがりすぎるがゆえ、、

 

次の新年会のような類の集まりの際は是非会場に灰皿を…

 

 

 チャラいとか遊んでるとかそういう類とは少し離れるけれど、昔の名残か今もそうなのか定かではないそれが表れる時がありまして。私はそれを見るたび「ああ、にしきどくん…(すき)」ってなるんですけど。

 

関ジャニ∞のジャニ勉にて、罰ゲームでよく出されるドリンク。あのグラス小さいですよね?

彼はいつもそれをテキーラのショットと同じように口に含むんです。

 

あの飲み方が本当に大好きで、錦戸くんから垣間見える錦戸亮が本当に愛おしくて堪らなくなります。

 

とはいえ別に酒豪だろうなとは全く思ってなくて。

調子乗って勢いよく飲んでゲロ吐くパターンの若者だったんだろうなって。

 

全っっっっっっ部想像ですけどね?

もしそうなら健全で可愛いなってだけです。

もしそうじゃなくても生きてるだけで可愛いですけど。

 

錦戸くんが存在している今世紀にはいつも感謝して生きてます。

 

ありがとう世界。ありがとう錦戸くん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何の話やねん。

 

 

 

 

錦戸くんを追いかけるタイミングが遅すぎたファンの話

 

 

 

ジャニーズファン界隈(それ以外のファンの間でも言われているかもしれませんが)でよく耳にする言葉の一つに『新規』という言葉があります。

私自身「永遠の新規だ」と以前ブログに書きましたが、実際のところ、「どこまでが古株でどこからが新規か」という線引きは難しい問題ではないでしょうか。

ですが錦戸くんのファンに関しては、ここが新規のラインなのでは?という事柄を遅ればせながらふと最近思い浮かびましたので、ここに書き連ねます。

ここから先は全て、あくまでも個人の思い付きの言葉ですので、引きずったり重く受け止めたりすることはなさらないようお願い致します。ただの大きな独り言です。

 

 

私の中で出た結論から言いますと、錦戸担の新規の境界線は

「NEWSに在籍していた頃から彼を応援していたかどうか」

ではないかと。

「そんなの当たり前じゃない?」とか、「気付くのおせーよ」とか、そんな感じの辛辣なお言葉は受け付けておりません。こう見えても傷付きやすいので…

心の中で思っていただくのは結構ですので、コメント欄の方は荒らさないでいただけると幸いです…

 

で、当の私はというと、死ぬほど微妙なラインでして、、

私が関ジャニ∞を応援しだした頃、錦戸亮くんはまだ二足の草鞋を履いている状態でした。

勿論錦戸くんが関ジャニ∞だけでなく、NEWSとして頑張っていることも把握していましたし、NEWSとして歌って踊る錦戸くんもリアルタイムで見ていました。

ですが、それは大好きな関ジャニ∞のメンバーの一人だったからであって、今ほどの強い思いはなくて、録り損ねたとしてもショックは受けなくて...

という感じだったので、正直言ってあの頃の錦戸くんに関してはメンバーの一員だという認識のみで生きてました。今考えたらそんな自分を殴り飛ばしたいですけど。

実際、NEWSが出てた歌番組は、残ってるものの方が少ないです。映画の番宣で出たものもあったりなかったり。錦戸亮に対しての意識低い系女子でした。

年末の歌番組以外で辛うじて残っているMUSIC STATIONのFighting Manも、正直母親が居なければ消してました、多分。

というのも、丁度それが出る少し前ぐらいから、母親がなぜか同じNEWSのメンバーである手越祐也くんにハマりまして、それのおかげでNEWSが出ている番組はほぼ視聴する環境にあった、というわけでした。

くしくもNEWS6人での最後のツアーとなってしまった、『NEWS DOME PARTY 2010 LIVE! LIVE! LIVE!』のDVDの発売が決定した時も、既に手越くん熱はほぼ冷めていたのですが、母の強すぎるFighting Manへの思いにより予約、購入に至りました。

こんな感じで何となくNEWSも生活に薄く介入はしておりましたが、こんなに目にする機会があったのにもかかわらず、相変わらず「錦戸くんは関ジャニ∞のメンバーの一員」という認識以上にならなかったあの頃の自分は一体何なのでしょうか。

 

時は経って、2011年10月7日。NEWSから錦戸くんと山下智久くんが脱退することを発表しました。

私がそれを初めて知ったのはその日のNEWS ZEROでした。お風呂に入る前で、驚きすぎて着替えを持ったままテレビの前で立ち尽くしたのを覚えています。

だって2人が抜けるなんて1ミリも思ってなかったから。本当にショックでした。

でも、立ち直れないとか、涙するとかそういうことはなくて、それもその頃はその程度だったから。

 

私が大倉くんから錦戸くんにはっきり変わったのは、そのもうちょっと後のことです。

錦戸くんを見つめるようになってから、ひたすら後悔して今まで生きています。

なんなら一つのコンプレックスと言っても過言ではないぐらい。すごく嫌でした。

ファンに勝ち負けなんてないと分かっていても、あの頃のNEWSを懐かしむファンの方を見かけると人知れず劣等感を感じて塞ぐこともありますし、最終「ファンをやめたい」と思ったことも何度かあります。

いくら気持ちが塞ごうが落ち込もうが、結局錦戸くんから離れられないし、錦戸くんを諦めることもできないので、どうしようもないですが。

大袈裟に言うようですが、私の人生の中でもこれはかなり苦しい部分でして、今回こうして文字に起こして吐き出すことでスッキリできるかなと思った次第であります。

 

 

SNSが主流となっている今の時代、過去の作品や番組を手に入れることは容易いことで、私もそれらを使って今は多くの物を所持しています。

それでも、見つめてきた時間の差が大きすぎて、圧倒的に埋められない大きな溝のせいで心から満足することは未だにありません。

見えない何かに負けているような気がして。絶対気のせいなんですけどね。考えすぎなんですけどね。

いつまでファンを続けているかは分かりませんが、それを感じなくなるぐらい大人になるのを待つばかりです。

 

こうやって文字にしても、いつか錦戸くんのファンをやめる日が来るまで後悔し続けるでしょうし、劣等感を感じ勝手に負けた気になって塞ぐこともあるのはきっと変わりません。

 

ちなみに8人の頃に関しては、全く何の未練も正直ありません。そもそもを知らないので。画面越しに見ていた記憶もないですし、内くんと草野くんは名前と顔を把握していたぐらいですかね。抜けるきっかけとなったあの事も一応把握はしていました。それだけです。

 

 

 

大好きな宇多田ヒカルちゃんが呟いたこの言葉。すごく大好きな言葉で、「気付くのが遅かった」と後悔しがちな私にとってすごく響くものでした。

これを忘れず生きていきたいけれど、やっぱり後悔してしまうのが私で。

遅かれ早かれ、あんなに素晴らしい魅力を持った錦戸亮くんを応援できている今は楽しくて幸せで、彼の今を見つめることにも何の抵抗もなくて。

ただ、過去の映像を見ると、好きな気持ちだけで見つめることが出来ない自分が嫌で、それについてSNSに書いたとしても、後から「ああまた知ったかぶったようなことを書いた」と後悔することがほとんどです。

もはや自分がおかしいのかなとすら思います。客観的に見て完全に考えすぎですよね。

きっと関ジャニ∞を好きになるのがNEWSを抜けた後ならこんな思いも無かったはずです。

NEWSである彼を知っていながら、一番に見つめることはせず、彼が抜けてしまってから縋るように前にいた場所を求める。最低!一番ダメな人間!何なんだ自分!

今あえて戒めてみました。開き直って楽になろう作戦。悪くなかったです。

書き始めより過去の錦戸くんに開き直れそうです。今だけ。

また明日からきっと後悔してます。でも錦戸くんを好きになったことは一生後悔しません。たくさん感謝しています。ただタイミングに後悔しているだけ。

 

明日も明後日も錦戸くんを一番に想っていますし、NEWSとしての彼を見ることもやめません。「そんなに嫌ならNEWSの映像見なけりゃいいのに」って思われたかもしれないですけど、やめません。

理由はただ一つ。錦戸くんが格好良いから。それ以外ないです。

寧ろどっちかというとNEWSの作品を見てる回数の方が多いのでは?と感じるぐらい、よくDVD見てます。

ダンスめっちゃ踊るし、曲大体どれも好きだし、演出もけっこう好みだし、何より錦戸くんがはちゃめちゃに格好良いから。それに尽きる。

正直広めたい思いすらあります。NEWSの錦戸くん。こんなこと書くと後から後悔するのは目に見えてますしこれ以上は書きませんが。

ひとつ良さを言うとしたら、とにかく錦戸くんの格好良さが桁違いすぎる。

錦戸くんのソロ曲で一番好きなのもcode*1だし。終わってんな自分。

いやでもcodeは本当に名曲で.........やめますね。codeについてはまた今度で。

 

 

あ、錦戸くんハワイからおかえりなさい。どれぐらい黒くなったのか楽しみだな~

 

 

 

 

*1:NEWS2枚目のアルバム『pacific』に収録

『Tokyoholic』をどうしても褒めたい

 

 

 

 

関ジャニ∞の新曲、『なぐりガキBEAT』が1月25日に発売になりました。

簡潔に言いますと、タイトルにある『Tokyoholic』は通常盤に収録されています。まだお手元にない方は、是非、レンタルせずに買ってください!その分錦戸くんにお金が入ります!買ってください!ちなみにもう一つのカップリング『BJ』再録の編曲も錦戸亮くんが担当しています。是非買ってください!その分錦戸くんにお金が入ります!

 

 

何も書かず先に購入を促したのは、言うまでもなく素晴らしいからです。今から書く私の感想など見ようが見まいが同じです。ここから先は、私がただ錦戸くんを褒めたいだけの文章ですので、前文で通常盤を買ってほしい気持ちが伝わればそれで充分です。私はたまに見かけるTwitterで出回るような素晴らしい考察や推測は全く持って出来ませんので、ただただ聴いてみてこう思ったという事しか書けないのですが、それにしても、立ち上げから考えると我が自担である錦戸亮という人の才能が爆発しすぎて、誰の得にすらならない感想を書かずにはいられなかったので書きます。

 

 

 

Tokyoholicの始まりを見たのは、12月6日。シングル『NOROSHI』の発売日でした。(基本フラゲ勢です)

ここ最近のシングルの中でも、発売前から特に期待度が高く、発売を非常に待ち望んでいました。発売前からsession movieなるものが収録されていることはもちろん把握していましたし、それにも期待していました。

語彙力死亡しててすんません…詳細が出た日まさにこんな感じで、それから発売までを本当に心待ちにしていました。こんなこと言うとアレですが、こんなに楽しみなシングルは正直久々でした。

 

シングルが手元に来た日、ワクワクしながら始めに再生したのは、勿論NOROSHIでした。(おい)

バンドと和装と殺陣、言葉で言い表せられないぐらいに格好良くて、テレビの前で一人叫ぶことしか出来ませんでした。錦戸くんは勝新太郎さんを意識してたみたいで、可愛いですね。

その流れで必然的に始まる詳細不明のsession movie。錦戸くんがスタジオに入ってくるところから始まります。

見てる方が多いと思いますし、見てない方も初見で楽しめるように内容は事細かには書きませんが、何がすごいって、錦戸くんの貪欲さと関ジャニ∞の順応さ。錦戸くんがこうしてほしいと言ったことを確実にこなしていくメンバーの姿が約11分の中に詰め込まれています。

錦戸くんのクリエイティビティさにも、言葉が出ませんでした。自分の中でやりたいことが完全に出来上がってるというか、錦戸くんが好きで聴いてきた音楽の良さが詰まっているような気がしました。ん~上手いこと言えないのが悔しい…

 

私があの映像で印象的だったのは、試し録りしたものを全員で聴いているシーン。すばるくんが「ここをもっとこうした方が...」と言ったことが、一度見てから忘れられませんでした。

あの言葉がなかったとしても間違いなく良い曲になっていたに違いありませんが、あの言葉がなければ完成形とはまた違ったものになったのではないかと。分かりませんが。すばるくんがあの場で言わなかったとしても、後々錦戸くんがすばるくんと同じように「ここはこうした方が」と気付いていたかもしれませんが、あのすばるくんの発言が、さらにTokyoholicを良いものにしたんじゃないかなとなんとなく感じました。

錦戸亮がやりたいと言い出して始めたんだから全て錦戸亮に任せればいい」

大部分はそうですが、メンバー全員「良いものを作りたい」という気持ちは同じで、だからこそほとんどを委ね、細かい部分でより良いものに導くような言葉を落とす。これは錦戸くんが作る音楽を信頼しているからこそ出来ることで、音楽制作における関ジャニ∞の在り方を垣間見て、まだまだこれからもっと上を目指していけるはずだと、勝手ながら期待しました。

 

 

タイトル・歌詞を知ったのは、12月22日。私的ツアー初日となった、関ジャニ's エイターテインメント名古屋公演でした。

メンバーが捌け、映像では丸山くんが山下達郎さんのクリスマスイブを歌い始めます。「モノマネしてるな〜ははは」ぐらいの気持ちで。あー錦戸くんベース弾いてませんでした?弾いてましたよね?!あれかっこよかったな〜なんて思っていたら歌が終わって。

その後、聴き覚えのあるあのメロディー。え、あのセッションのやつじゃないの?!あれやるの!!!!という思いで、友達とひたすら「やばい」を連呼するだけの数十秒。映像の終わりに出た『Tokyoholic』の文字には正直一瞬「?」となりました。「あ、タイトルついたんや!格好良いタイトル付けたね〜」なんて呑気に思ってたらメンバーがステージに登場して、各々楽器を弾きながら、まずはすばるくんがマイクに向かって歌う……歌っているのですが????え、歌詞もついてるの?????歌詞出来たの?!?!(大興奮)

名古屋's Tokyoholicに関してはもう興奮しすぎて正直記憶が…遠い昔のような、、、

あの時まで何の疑いもなくインストだと思い込んでいた私にとって、タイトルがついたこともまあまあビックリしてたのに(冷静に考えたらインストにだってタイトルはある)、それに歌詞がつくなんて到底思いもしなくて…あの1回であーこれ好きって直感で確信しました。

私はその後、有難いことに大阪公演にも行くことが出来ましたので、複数回Tokyoholicを生で拝見できたのですが、何度聴いても良い、良過ぎる。スイッチングが激しくて見にくい部分もありましたが、個人的にカメラワークもわりと好きでした。サビの部分に関してはすばるくんと錦戸くんの交互しかなくて、他のメンバーのファンの方がどう思ったのかなと気になるところではありましたが、私的には有難かったです…(笑)

 

 

そして、完全な完成形となって世に出され、私の手元に来た1月24日。すぐPCにインポートし、ケータイに落としましたが、寝る前に聴こうと決めても少し躊躇いました。

とはいえ、まあそんな思いすぐ払拭して再生ボタン押しましたけど。(おい)

 

再生し終わったあとはもう下記に集約されております..

 まあざっとこんなもんでしたね、これが全てです。

「錦戸くんは普通の人じゃない」っていうのはちょっと語弊があるかもしれないので捕捉しますと、「努力に才能が重なった天才だから、私みたいな凡人とは全くもって違うんだ」っていう意味なので悪しからず...

 

そして、最終的にこうなりますよね。

 あーまた彼氏はおろか恋愛すらままならない人生の期間が延びました~

でも、例えばもしまた錦戸くんが私たちに「最高傑作が出来た」とお伝えしてくれる日が来てそれが世に出たとして、また次の彼が言う『最高傑作』を期待して「ファンやめられない」と半ば嘆いてる自分を容易く想像できてしまうので、もはや『やめられない』というより『やめたくない』のでは?とすら思えて仕方ないですよね。ワラエナイ

 

っていう最後の言葉はどうでもよくて、もう何がとかお伝えできない自分が情けないのですが、私も頑張って生きていかねばという気持ちにさせてくれる曲なので、聴いてね…

レンタルじゃなくて買って!!!!!タワレコでも!TSUTAYAでも!HMVでも!近くの小さなCDショップでも!どこでもいいので!なぐりガキBEATの文字が目に入ったら、通常盤かどうか確かめてレジへGO!!!!!!!

 

 

最後に一つだけ、Tokyoholicの中で一番皆さんの印象に残っていると言っても過言ではない(はず)2番の錦戸くんパート「そんな上から見んなやこっちも必死なんじゃ」の部分について。

錦戸くんのレコーディング風景を映像で見ていると、すごくこだわりが強くて何度も録り直しをしている印象が強くあります。今回に関してはメイキングがないので何とも言えませんが、あのパートは1回録りだったのかななんて思ったりしました。途中声を上ずらせているのですが、あれは出そうと思って出せるものではないと思うので、偶然の産物が余計に必死感を煽らせるものとなり、結果そのまま使ったのかな~と。

私がTokyoholicについて考えたことって正直このぐらいしかないです。あとはアホみたいに「すげー、錦戸くんの才能やベー、到底真似できないわー」と漠然とした感想しか言えなくて、錦戸くんの語彙力見習えやって感じですよね。勉強になります。

 

『なぐりガキBEAT』通常盤、価格は税込1234円!英世+ワンコインでおつりが来るコスパの良すぎる商品となっております!確実に1234円以上の価値はあります!寧ろ錦戸くんの才能をたった1234円出すだけで永遠に私物化できるなんて、錦戸くんに申し訳なさすら湧いてくる、、、