『☆#%◎※…』

あくまで一ファンの独り言です。




誰が欠けても違うけど、一番大丈夫だと思ってた人がいなくなるらしい。


4/15の朝、目が覚めてメールを見るまで、全く予想もしてなかった世界。11時になるまで、違うと信じた世界。

嘘だと思いたいし、嘘だといまだに思ってる。
というより、会見の言葉がほんとに入ってこない。
散々WSも録画し尽くしたけど、本当にリアルじゃなさすぎてそんな自分が理解出来ない。


悲しいとかよりも虚無感の方が圧倒的に強くて、その話題になるとボーッとするっていうか、すばるくんのいない関ジャニ∞を想像することなんて今まで1ミリもなくて、そんなこと想像しなきゃいけない日が来るなんて思ってもみなくて。
そうなってから考えてみたけど、全然想像出来ない。
分からない。
私の数ある大好きな曲の中にすばるくんの声がない事も、想像出来ない。

誰よりも会場のボルテージ上げて熱く歌ってた人がいなくなるってどういうこと?
目を瞑って感じて、天を仰いで、マイクコード握りしめて、他のメンバーの演奏に囲まれて歌い上げてたのにもう見れないの?
去年のツアーが最後になるなんて思って見てるわけないじゃん。


って、喪失感と後悔抱いて、色々考えたり思ったりした。
けどふと、私にはそんな事言える資格ないって気持ちが過るようになって。
私がずっと一番見続けてきたグループから、かけがえのない一人がいなくなる事、本当に寂しいのに、SNS見てると「お前が言うな」って言われてるような気になる。
「お前別に関ジャニ∞のファンじゃないだろ」「お前は大して渋谷すばるを見てこなかったくせに」って、いや別に誰にも言われてないけど。

実際もう自分をeighterだと名乗る自信はなかったし、すばるくんの事も、いつも隣に幼馴染みがいるからわざと見てなかったり(最低)
雑誌の記事だって、「どうでもいいけど」とか言ってた。
だって本当だと思わなかったから。

でも本当になった。記事の内容とは違うけど、でも結局は本当だったから。
そんなの寂しいに決まってるだろ。
すばるくんのいない関ジャニ∞のライブ知らないし、そこにいて当たり前の人が居なくなって寂しくないわけない。

元気のオーラス、大倉くんがお腹やられて来られなくて、1日だけ6人でやり切ってくれた。
誰も座ってないドラムセットの底知れぬ寂しさと物足りなさ、今でも忘れられない。
あの時すばるくんは「6人だろうがなんだろうが、関ジャニ∞なんです」って、そう言ってたけど、私は「7人居なきゃ、誰一人欠けちゃいけないんだよ」って思ってた。
だけど、それがこれからずっと続く。
お腹やられて1日休むのと全然訳が違うんだよ。


それに、もうしばらくすばるくんに笑わせてもらえない。
あの人何しても面白いのに。
関パニと針すなおで50年分ぐらい笑ったからね?
「すばるくんなんでこんなおもろくて頭おかしいんかな」って500万回思ったからね?
次いつ笑わせてくれるんだよ、何年後だよそれ。
亮ちゃんにボール当てられすぎて俺の空やったの、一生忘れないからな。


あーあ、いなくなっちゃうのか。
惜しいなあ、寂しいなあ、居て当たり前じゃないんだ。
って思っても、寂しがることすらいけないのかな、なんて。

でも、すばるくんの歌声に何度も鳥肌が立った。
感動して、熱くて、心が震えた。
見ないようにするのは簡単。
だって違うところを見ればいいから。
だけど、耳に届いたものに体は嘘をつけなかった。
すばるくんの突き抜ける歌声は人の心を動かす力があるんだって、何度も何度も感じた。

8ESTの長居公演、ロマネスクですばるくんの声が聴こえた瞬間に涙が溢れて止まらなくて、隣にいたお母さんに「泣いてたらちゃんと見えんで!」って言われた。
頑張って止めようと思ってもそんな気持ちだけで止められなくて、でもどうして泣いてるのかも分からなかった。
嬉しくて?感動して?いまだに分からない。

でも「泣いてたらちゃんと見えんで!」って声をかけてくれたお母さん、当たり前の事言ってるのにめっちゃええこと言うやん。
今思ったらそうだよ。西野カナも言ってた。

いつまでも泣いていられない 歩き出さなきゃ
もう立ち止まらない もう振り向かないって決めたから

ここからは私が私に言い聞かせる事。誰に言うでもなく。
結局はどう足掻いてももうきっとずっと戻ってこない。
錦戸くんが居る以上、関ジャニ∞の歌声の中に1人いない違和感を感じながらも追いかけ続ける気持ちは変わらない。
今はそんな自分考えられないし考えたくもないけど、いずれその違和感に慣れて、自分の気に障らないようになって。
でも、違和感を感じなくなるようにはなりたくない。
きっとそれを感じない方が楽なんだろうけど、すばるくんがいた日々を忘れていくような気がするから。
忘れるくらいなら、ずっと引っかかる方が全然マシ。

これから錦戸くんがセンター?なの?
心配は全然してない。
1人の時もグループの時も色々乗り越える壁が多かっただろうし、本当にタフな人だから。
心配する方が失礼な気にもなる。
すばるくんがどうだったとか、そういうの全く無視してほしい。
新しい関ジャニ∞って言ってんだから、亮ちゃんがセンターになるのなら亮ちゃんらしくやってほしい。
亮ちゃんらしくないなんて事ほとんどないけど!

ていうか関ジャニ∞って誰一人『らしくない』って思うようなことする人いないよな〜
それぐらい真っ直ぐすぎる人の集まりなんだな〜
だからあのコメントも「あ〜もうらしすぎる」って思って、みんな本当無理矢理に自分を納得させたんだろうなって。
でも、すばるくんが一番自分に正直だった。
「申し訳ないけど自分の人生を優先させてもらった」って。
もうそれ言われたらそりゃ何も言えないよな。
確かにめちゃくちゃ勝手な決断でしかない。
けど、誰の人生も一回しかなくて、すばるくんは自分の人生に後悔しないように今の答えを選んだ。
本当に後悔してないの?
選んだ以上「間違いだった」とか一瞬でも思わないでよ?
そうじゃないと、必死で自分を納得させて苦しい中で一生懸命いつも通り仕事して笑って、会見でみんなで集まって送り出した努力が無駄になる。
すばるくんが幸せだと思えなきゃ意味がないんだから。
別に大っきくなって帰って来いとは言わないし、活躍しろとも言わないけど、『結局分からなくて帰ってきた』は本当に許さない。
まあすばるくんに限ってそんなんで帰ってこないとは思うけど(笑)
自分なりの音楽を見つける旅に出るのなら、ちゃんと答え見つけて帰ってきて、どうだったって伝えてくるまでがあなたの使命だと思ってます。
そうじゃないと、ここで沢山の人に辛い思いさせてまで離れる意味がないからね。


男の気持ちって本当に理解出来ないし、死ぬほど感じた強さも「なんでそこまで」って思うけど、でも結局そんなとこがかっこよくて、そんなとこが本当に好きで。
みんな「いやだ」って言い尽くしたのに『門出の日』って、そんな最高の強がりある?何なんそれ。
「仕事仲間としては嫌やけど、幼馴染みとしてなら行ってこい」って。
もうみんな一緒に居すぎて、結束力高まりすぎて、一定のライン完全に突破しすぎた。
でも私そういうところが好きなのに。
そんなみんなの好きなところが、結果的にすばるくんを送り出した。
だから、誰も嫌いになんかなるはずなくて。
計り知れないみんなの思いもすばるくんの思いも、自分なりに無理矢理共有させて、「こういう事なんかな」って考えた。
みんなの思いもすばるくんの思いも、両方理解出来るからそれが一番辛かった。
だから嫌いになれない。辛くてもそれで良い。
誰も嫌いになんかなりたくないもん。
ただただ居なくなって寂しいって、純粋にその気持ちしかない。

みんないろんな葛藤乗り越えて、6人でもやれること証明するって決意固めてくれたから、余計な心配はしない。
無理しなくていいって思ってるけど、限界まで強がってくれ、強くあってくれ、とも思ってしまう。
30代になった大人の男6人の強さ、10代の頃から沢山の壁を乗り越えてきたはずなんだから、きっと何にも打ち勝てるはず。
今まで通りやろうと思わなくていいし、6人に出来ることを見せてほしい。それが一番ファンの皆が望んでる事なんじゃないかなって、私的には思います。
私の応援するスタンスが変わる事は一切無いし、これからも傍にある事も変わらない。
こうやって、この数日思って感じてきた事を書いたことによって、なんだか落ち着いてきたような…
現実味がない事は確かだけど、前を向いていけるような気がします。

ライブに行くも行かないも自由。
これから応援するもしないも自由。
受け入れる時間がかかるのに引け目を感じる事は全くないし、「受け入れよう」という気持ちがある自分を褒めてあげるべきだと思う。
勿論受け入れられなくて離れるのも自由。
今回の事を受けて、個人が選んだ選択には確実に間違いなんてない。


ただ、『すばるくんのいない関ジャニ∞しか知らないファン』が現れる未来だけが本当に怖い、とだけ最後に記しておきます…




 

 

 

私にもメンバー全員好きでみんなにワーワー沸きまくる箱推し時代があった。

あったけど、今はそうじゃないし箱推しの良さもすっかり忘れてしまった。

箱推しが悪いとかは全く思わないし、何人好きだろうと知ったこっちゃない。

でも最近は、正直「私にはその感覚無いな~」のレベルではなくなっている。

なんか、イライラしちゃう!更年期なのかな。

みんな持ってる意見とか思うことは違うし、それはそれでいいはずなのに、なんかこう、好きじゃねえな~みたいな、思いが無意識に湧いてくる。

勿論その反対があるのも承知済みです。

 

 

他担が錦戸くんに沸くのがいやとかじゃなくて、誰であろうとって感じ。

全員を何があっても肯定してる感じがしてあんまりって思うのかも。

錦戸くんに対してもそうだけど、全部を褒めたりポジティブに捉えたり、そういうのがあんまり好きじゃない。

みんな母性本能くすぐられ過ぎてそうなるんだろうけど(笑)

ペコジャニ∞のある回とかまじでTwitter見てストレスだった。

ぶたしゃん正直そんな大したことなかったやろ。(私的には)

ぶたしゃんより、そのあとのしゃぶしゃぶ食べてるところの方がよっぽどリピートしたわ。

 

行き過ぎた深読みとか、誰と誰が仲良くて沸くとか、そういうのも正直ストレス。

ツイッターハラスメント、ツイハラや。

いや、でも女の子というのはそういうものか...

「みんな仲良いでっせー!!!」みたいなのが無理やし、関ジャニ∞にはそういう発言もしてほしくないです。

だって仕事仲間やん、そうやろ?

特殊すぎて麻痺してるかもやけど、テレビに出て働いてますからね。

馴れ合いとかも要らへんし、全員が全員イチャイチャを望んでると思わないでくれ。

普通に、ひとりひとり与えられた仕事をこなしてくれ。

 

熱い系のそれとかも今はしらけるかも。そういうの違う、的な。

関ジャニ∞嫌いじゃないんだけどな~。

錦戸くんの夢だけを聞かせてほしいし、錦戸くんが今年1年どう頑張るっていうことだけでいい。

みんなで一緒に夢見ようとかも要らないし。

錦戸くんがソロでやりたいって思うなら大賛成。

正直言って関ジャニ∞である必要性みたいなのも別に感じてない。

確かに他のメンバーから錦戸くんの名前が出るのはすごく嬉しいけど、それは錦戸くんのターンが訪れたからであって、それ以上でも以下でもない。

ほんまにこれは申し訳ないと思うけど、ファンの呼称も今はんん...ってなる。

もう全然呼び方とか『ファン』でいいんで...

 

某メンバーが自身のブログでアンチ的存在に対してどうちゃらって書くのも全然理解出来ひんし。

それ書いたらファンが守ってくれるってことを分かっててやってるやろ?

それで擁護ツイート探って優越、ないし満足する、ってやり方は違うかな~私的には。

隠してほしい、そういう思いは。良い思いせえへんやんみんな。

勿論本人が探るの分かってて悪いこと書くのが一番悪いと思うけど、でも100対0やとは思われへん。

男なら無視しなさい!いちいち気にしない!

しょうもないことで叩かれるほど気にかけられてるって思いなさい!

守る人も必要だけど、第三者的役割も必要でしょ。

っていうかもうTwitterやめたらええやん、ってめっちゃ思うねんけど。

でもやめられへんねんもんな~それがTwitter

 

こんなの書きながらも、箱推し寄りの方がきっと平和で楽しいオタクライフなんだろうな~って羨ましくて僻んでるだけだったりして。

 

 

 

 

 

 

 

成人しました。おめでとう自分🎊

久しぶりに会う人が沢山で楽しくて楽しくて…

本当に仕事始めが嫌過ぎた!もう始まったもんは仕方ないけど!

 

 

中学の頃めちゃめちゃ、もう言葉にならないぐらい好きになった人がいて、

私の中で忘れられない人で、まあ卒業して暫くしてから想いは無くなったけど。

高校が違ったし、別に連絡取る仲でもなかったし。

そりゃ好きで居続ける方が難しいか〜って感じでフェードアウト。

高校の時もそれなりに別の人に淡い恋心を抱いたりはしたけど、

中学の時ほどアグレッシブじゃなかったなー。

ってそれぐらい好きだった人と再会したら呆気なく蘇った。

 

というより会う前の日から蘇ってた(笑)

成人式の前の日の夜、中学の頃を思い出してたら変にドキドキしてきて、

しかも当日一番最初に見かけたのがその人で。

うわスーツは反則やわ、なんて思ったりした。

同窓会もあったのに恥ずかしくて全っっっっっっっ然話せなくて、

あんなに友達から「喋っておいで」って何回も背中押されたのに行かず…

家に帰ってから鬼の後悔、いやまじ何が恥ずかしいやねん

 

同窓会で酔った勢いで距離感バカすぎるツーショット撮って、

友達に「あれは最強やわ」って言われてそれで終わりかな〜って、

清算しきれてない思いを無理矢理割り切ろうとしたけど、

『2018年は後悔せずに生きる』って謎のスローガンを急に掲げてLINEした。

 

まじ秒で終わるよなこのやりとり、っていう気持ちで始めてから、

まだ終わらない模様。いや終わる事を望んではないけど。

中学の頃多分あの子に自分が全然ハマってなくて、

思い返したら何かと理由つけてすぐ強制終了させられてたのに()

既読無視どころかベストタイミングすぎる時間帯に送ってもおやすみが来ない。

最初は 返事まだ返ってくるかな でソワソワしてたのに、

今は おやすみが来ませんように ってずっと思ってる。

いやまあ別におやすみ言われそうなタイミングで送らんかったらいいだけの話やけど(笑)

1日1返信の緩すぎるペースでなぜか継続してるのがじわる。

 

 

でもその子は今他の女の子のキープにされてるらしくて、

いや女も女やけどお前もそれでいいんかい!って感じで。

男のプライド0やんみたいな、その子を好きな私って…みたいな。

それを職場の人に話したら、

「それあんたもその子にキープされてんちゃう?」らしい。

 

キープの女(仮)

 

その場では、「わたしはプライドもくそもないしどうでもいいけどな!」

とか開き直ったけど、その後の勤務時間ずっと“これでいいのか自分”ループ。

職務に集中しろとかそういうのは聞いてない。

実際暇すぎてめちゃめちゃフロア状況良かったし、次の日褒められました(ドヤ)

 

まあでも、万が一その子が私をキープだと軽んじて見てたとして、

それでも前よりは昇格してるんで良いかなとも思ったりするダメな女。

散々傷ついたし(間接的に)、もうその子に傷付けられても感覚麻痺してるやろどうせ。

連絡取ってる今、確実に前より毎日楽しくなってるし、

こうなりゃ開き直っていけるとこまでいくしかない!

の精神で生きていくことにします。

 

 

何か進展があればまた。

エイトごと以外書いたの初めてだなーーー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日何時に起きたかとか、1週間前の夜に何を食べたかとか、そういうのって基本覚えようとしないし、すぐ忘れる。

 

昨日街ですれ違った人のことだってもちろん忘れてる。

忘れようと思って忘れてないから。

 

明日の朝起きたら錦戸くんのこと忘れてたりしないかな~なんて言ったり思ったりする時があるけど、そんなの1日や2日で忘れられるようなもんじゃないし、そもそも忘れられる環境でもないし。

忘れようとしてないし。ていうか忘れたくないし。

 

錦戸くんを好きっていう感情を忘れたりしないかな~っていう意味なんですけど、そうしたら別なところにお金回せるよな、とかもうちょっと生活に安定感出るよな、とか。

物理的な面でのメリットが大きいし、そうじゃない面でのメリットもまああるだろうし。いや、ある。あるんだよ。

明日食べるものも買えないレベルに金がないとかではないけど、でもそこがなければもうちょっと服買うしプチ旅行とかも出来るんだろうなっていう。

あと貯金もあるだろうし。恐らく。

 

正直、服とか旅行とかにお金使いたいならCD買わなきゃいいしライブ行かなきゃいいし雑誌も買わなきゃいい話なんだけど。

それをわかってて買わなきゃいい行かなきゃいいものにお金を費やしてるのは、自分がそこに無意識に重きを置きたがってるから。

「やめれるもんならやめたいけどな~」って口では言ってるしそう思ってるはずなのに、それは全部意識してることで、結局全てを追うことが一番心地良くて優越できるって無意識に染み付いてる。

 

でも錦戸くんを見ると気が滅入るみたいな時もあったりするようになっちゃって、何だよそれみたいな。

悲しい余韻のような何とも言えない気持ちが残ったままぼんやりすることもあるし、そういう時ほんと一人が嫌で。

かといって家は一人だから歌でも歌って忘れるか面白い番組見て笑うかしかなくて。

え、大丈夫か私。ペットでも飼うか?

飼わねえよ、うちのマンションペット禁止だよ。

近所に実はこっそりたまにエサやってます、みたいな猫もいないし。

 

なんでペットの話なん、誰なんペットの話持ち込んできたの。

こういう話の脱線がこう、寒い冬の夜中にボフッてのしかかる寂しい気持ちみたいなものを一番忘れさせるよなー

冬好きやのに全然ワクワクせえへんし、冬好きやのに心まで寒いし、京セラドームに通う時期があるから冬好きやのにな~

今年の冬はより一層寒いですね。

錦戸くんが風邪引きそうになったら私にその風邪が自動的に移って錦戸くんが一生風邪引かへんみたいな機械があるならぜひ送りつけてほしいです。

錦戸くんが健康でいられる冬でありますように。

 

 

 

 

 

はてブロで出会った素敵なお友達





最近本当に大好きが止まらなくてしょうがないので書きます。
はてなブログを通じて知り合ったお友達の話です。


始まりは、私の拙過ぎるブログにスターをつけてくれた事。
正直それがいつかは覚えてません…
ほんっっとに申し訳ない…すみません…

それから気まぐれに更新した私のブログに毎回スターをくれて…
それでも挨拶しない私、なんて失礼な奴なんだ…

時は経ち、2017年1月某日。
その数日前に更新したブログにつけられたスターの通知をふと思い出し、「あ、挨拶しなきゃ」という気持ちでいっぱいになって、ようやく相手のブログにコメント。
いやいや、遅すぎだろ。
それなのに、とても嬉しい言葉を沢山綴ったお返事を下さった素敵な素敵な方。

それからは凄いスピードで仲良くなって、お互い何度も「まだ出会って1年経ってないんだよね?!」と確認し合うぐらいに距離が縮まりました。


初めて会ったのは『If or…Ⅸ』の大阪公演。
私は舞台を観に行く予定はありませんでした。
その方にどうしても一目お会いしたくて、お仕事終わりにサンケイホールブリーゼに足を運びました(笑)
SNS上でしか遣り取りした事が無く、どんな人なんだろうかとソワソワドキドキしていたら…
えっっっっ、ちょっっっ美人…どうしよ…困る…
華奢で落ち着いた優しいお姉さん、顔が可愛い!!!
一緒にお話ししてるのが申し訳ないぐらい可愛い…
でも話してると、すごく心地良くて楽しくて柔らかい雰囲気で、それでいてめっっっちゃオタク!!!!!(笑)
あの顔でめっちゃオタクなの最高すぎるでしょ…
その時は少ししかお話出来ませんでしたが、それでも好きだと確信しました(黙れ)
本人には言ったことないんですけど、あの後「不定期にツーショットを見返してはニヤニヤする」ってことを、次に会う日まで結構してました。
めっちゃキモい自分。


その後、2回目の約束が決まったのは今ツアー『ジャム』の当落発表日。
当選したのは私でもその方でもなく私の友人の親戚ですが…(笑)
余った分をお譲り頂けることになったおかげで、2回目の会う約束をついにする事が出来ました!
「2ヶ月後か〜まだまだだな〜」なんて思っていました。

ところが、思いがけず1ヶ月後に会える約束が!
その方が、安田くん主演舞台『俺節』の大阪公演を観劇する事が決まりました。
例に漏れず、私は行く予定はありませんでした(笑)
それが決まった時には既に1ヶ月を切っており、急に楽しみが舞い込んできたとワクワクしました。
6/24の日になるまで、その方に会える事だけを楽しみに仕事をこなしました。

そして当日。
生憎の雨でしたが全然苦じゃない!
オリックス劇場にて、安田くんではなくその方の出待ちをしました(笑)
私の出待ちバージンを捧げました。
その日の夜は言葉にならないぐらい楽しくて、時間が経つのが本当にあっという間で、ずっと今日が続けばいいとすら思いました(重い)
帰りのバス乗り場で見送る時、ひたすら「寂しい〜え〜いやや寂しい〜」と連呼していた私はさぞかしうざかったでしょう…
あんなに名残惜しい別れは、一人暮らしを始めたばかりの時に母親と離れた日以来ではないでしょうか…


そして1ヶ月後。
ついに私のツアーの幕開けと共にあの方とも再会!!!
会う前にネイルに行くも、予想外に押した時間。
ただただすんませんでした_| ̄|○
それでも全く責めず、優しくニコニコしてくれるお友達。
マイエンジェルすぎる…愛おしい…
その後、当日同じく参戦する私の幼馴染も交えて3人で美味しいランチを食べました。
私的ツアー初日となる7/22の大阪公演。
ここ最近で1番エイター!!!!!って感じのライブでした。
本当に純粋に雰囲気を楽しんで盛り上がって、みんなで声出して喜んで、WASABIのイントロでハグしあって…(笑)
久しくそんな見方をしていなかったので、「ああ、これがライブやな…」と再確認出来た公演になりました。
終演後、余韻を残したままトリキへ流れ、余韻に浸りながら酒を飲む。
トリキの味玉美味すぎません?!?!
味玉とウーロンハイで生きられるよ?!?!

もうあの日の味玉とウーロンハイと楽しい空気忘れられないよ…

翌日。
ゆっくり起床し、2人で再放送の夜ふかしを見て笑いながらゆっくり準備開始。
私は大阪最終日も入る事が決まっていたので、お見送りする事が出来ず残念でした…
最後1人にしてしまって本当にごめんなさい( ; ; )


そして、先日の名古屋公演最終日。
またしても再会。
もはや会いすぎでは?!
思いがけずまた一緒にランチを食べ、少しお茶してお別れをしました。
丸山くんからのファンサのお話。
私は直接聞いたんだ〜羨ましいだろ〜羨ましいって言えよ〜
本当に本当に本当に嬉しそうで幸せそうで、こちらにも幸せのお裾分けをしていただきました(*´꒳`*)
こんなに大切に想ってくれるファンが居て、丸山くんは幸せ者だな〜と、丸山くんが羨ましく思えました。


次に会うのは1ヶ月後です。
順調です。良いペースです。
初めて向こうの家にお泊まりです。
ドキドキしちゃう。下着新しいの買おっかな…
まあ下着はどうでもいいとして…
こうやって会える約束があると、そこに向かってお仕事を頑張れるので、本当に感謝しています。

一回好きだと思ったら死ぬほどしつこいし、うざいぐらい懐いてるのに、いつもニコニコしてくれて胸がキューっとするぐらい優しいお姉ちゃんみたいな人。
方言が可愛い!服装も可愛らしい!そして顔が可愛い!
何より丸山くんへの愛が!関ジャニ∞への愛が可愛い!

本人は自分をあまり良いように言わないのですが、私はこんなに優しい人を他に知りません。
褒め過ぎてわざとらしいと思うかもしれませんが、本心なんだから仕方ない!
お話してると心が洗われる気がする!
そしてほっこりする!ほっこり!!!!!(©︎大倉忠義)
こうして書き連ねている今も会って話したい気持ちが加速しています…
すごく気持ちが悪い!キモい!わたしキモい!
こんなに全部書かれて絶対引かれてる!やばい!
もはやLINEもTwitterもブロックされる覚悟で書きました!

もしブロックされたとしても、名古屋公演最終日に星野珈琲でくれたファンサは一生忘れません。

今ツアーで私にファンサをくれたのは、錦戸くんでも他のメンバーでもなく、丸山くんの未来のお嫁さまでした。


私は生粋のにゃろめ担です。


LOVEにゃろめ!!!!!!(古い)






今週の錦戸くんブログを拝読



毎週木曜日18時に、Johnny's webの会員限定コーナーにて更新される『関ジャニ戦隊∞レンジャー』という名のメンバーブログ。
私はほぼこれだけの為に、月額3??円を払っています。(詳しい金額忘れた)
というか、その中の錦戸くんのブログを読む為だけに、毎月幾らかのお金をJ事務所に落としています。
短い時もあれば、こんなに?!と驚くほど長い時もあるのですが…
長さ云々より、毎度タイトルを更新時間にしてくれる事によって、「ああ、この日のこの時間私がこう過ごしている間に、錦戸くんはこの文章を打っていたのだな、ふふふ」と勝手にそれぞれの過ごし方を照らし合わせられる唯一のツールである事が私にとってすごく重要なのです。


そんな幸せ直送ツールの錦戸くんブログ、今週はlaptopのため長文でのお届けでした。
しかも錦戸くんの思考の変化まで綴られた特別付録付き。何度も読みました。
全文は月額会員のみの特権であると考えていますのでざっくりと書きますが、錦戸くんが私たちにお伝えしてくれたのは「やりたい事は口にした方がいい」という事でした。
大いに賛成です。そんな錦戸くんが好きです。
錦戸くんが好きだから賛同したのではなくて、自分にも心当たりがあったから言えるのです。

この文章を読んで、高校の卒業アルバムに書いた事を思い出しました。
卒業生それぞれが卒業後の夢や目標を書くページ。
私はそこに『21歳で東京進出!』と書きました。
現状この目標は達成するには程遠い位置に立っています。
卒業手前、先に記入していた人の言葉を見ながらすごく考えました。
漠然とした事は書きたくない、でも当たり障りのないすぐ届きそうな事も書きたくない。
正直これを書くのは恥ずかしくて躊躇っていたのですが、結局私が友人に時折こぼしていたこの言葉しか思い当たるものはありませんでした。
勿論記入した時は本当に目標通り生きるつもりで書きました。

でも実際社会に出てみると、全然甘くはなくて。
一向に増えない預金残高、意外とすぐ減る洗剤やトイレットペーパー、一番頭を悩ませる食費。あとブルーレットってめっちゃすぐ無くなりますよね。あれ8回ぐらい流したらもう空ですよね?ビッグとか無いんかな。
そんなこんなで毎月怯えながら家賃を振り込んでいる私には、到底21歳で東京進出なんて無理な話です。
「同期の卒業生全員の目に触れる記念すべき卒業アルバムに何故あんな事を書いたんだ」と悔いた事もありました。
だってきっと一、二を争うぐらい具体的に書いたのに。結局叶えられないなんて、ただの恥晒しにも程がある。
そう思ってました。

錦戸くんのブログを読んでから、それがスッキリと消化されました。置かれてる現状は全く違いますけど。
結局のところ、私の完璧な目標は恐らく達成出来ませんが、私にはまだまだそれを叶えるチャンスはある。21歳が限界ではないし、これから何が起こるか分からない。
今は卒業アルバムに書いた事に1ミリも後悔なんてありません。
めちゃくちゃ格好付けた事言いましたけど、その気持ちは嘘じゃないし、あの時の気持ちを思い出させてくれた錦戸くんに勝手ながら感謝しました。


今週のブログにはその他にも私の心をキュっとするような事が綴られていたのですが、錦戸くん作詞作曲の『Traffic』は何もかもが錦戸くん好みに作られているらしく、早く聴いてほしいみたいなので、既に今から大好きな曲だと言っておきます。まだ聴いてませんが。
ある一文が本当に私をときめかせました。
会員限定なので書きませんが。

一つ書くとしたら「シャワー行ってクルァ!」が最高でした。
「クラァ!」じゃなくて「クルァ!」なのが。
口語感あってgoodですね。巻き舌感出てます。
(´д`・)< クルァ! って感じですね。かわゆい。


歯磨いてクルァ!



錦戸くん魔法使い疑惑

 

 

何も感じなかった物事に色がついて見えたことありますか?

何も感じなかったり興味の無かった物事がグレーだとして、その全てに色がつくんです。

決して超能力とか特別な能力じゃなくて、そう感じるようになったっていうのが本当のところなんですけど。

わたし四流のポエマーにでもなるのかな。

 

 

全てに関わるのはいつだって錦戸亮くんで。

どれだけ私に影響を与えれば気が済むんだって感じですよね。

こっちが勝手に影響受けてるだけなんですけど。

本当につくづく影響を受けやすい人間なんです。

 

ずっと嫌いだって言ってた曲があって。

音楽番組でそれを某グループが歌ってるのを見る度に「どこがいいのか分からない」といつも言ってて。

だけど、悲しいことにそれが錦戸くんのお気に入りの曲だったみたいで。

自分の感性に腹が立ちました。好きだと思えなかったことに。

でも気付いたらなんで嫌いだったのか全く分からなくなりました。

なんでかって?

錦戸くんが好きだって言ったから。

だから色がついたんです。

 

全く知らない曲だって、錦戸くんが口ずさめば色がつく。

ひょっとして錦戸くんは魔法使いか何かでしょうか?

そんな訳ないですよね。20世紀に日本に生を受けた人間です。

錦戸くんは何もおかしくなくて、ただ私の頭がおかしいだけです。

 

でも同じ服を買ったりしたいとは別に思わなくて。

彼女でもないのに勝手にペアルック気分味わうの気持ち悪くないですか?

錦戸くんから「これ、ペアで買ってん」なんてちょっと照れながら渡されたら、勿論喜んで受け取りますし、外で着るのは恥ずかしいので家の中でなら喜んで着ますけど。

同じ服やアクセサリーを持っている人全員を敵に回してそうなので、あくまで私は、っていう意味です。そうです。

 

錦戸くんが好んでよく身に着けているブランドやアイテムもある程度把握しているつもりですし、それを身に着けている人を街で見かけると自然と目が行くのも癖になりました。

でも、自分も身に着けたいとは思わない。

シンプルに、多分似合わないから(笑)

たまにSNSで、錦戸くんと同じアイテムを身に着けていらっしゃる方をお見かけしたりするのですが、正直似合っていないなと思う時があって。

いや人のことはほっとけよ、って言われたら10000%正論です。

でも目に入ったら絶対何か心の中で思っちゃうじゃん!

人間ってそういう生き物じゃない?

まあそういうのはどうでもいいんですけど、本当に似合ってない人がいて。

私のポリシーとして、例え錦戸くんが身に着けていようと、自分に似合わないものは絶対に身に着けたくないんです。

錦戸くんは勿論それはそれはもう世界で一番なんじゃないかってぐらい似合ってますよ。

でも、錦戸くんに似合ってるからって全員似合うなんてありえません。

私は似合わない顔なんです。

 

すごく話が反れました。

女子の典型的な会話の流れであり、私の悪い癖。

聞いてないって?じゃあもう見ないで。

嘘です。寧ろここまで読んでくださって本当にすみません。

人生で一番無駄な時間ですよねすみません。

本題戻ります。

 

錦戸くんの好きなブランドも元々私とは縁のない系統だったんですけど。

っていうか元々メンズブランド全く興味なくって!

なのによく身に着けてるアレだったりとかソレだったりとか、不思議なぐらい格好良かったりセンスが良く見えるようになって。

でもどれも名の知れた有名ブランドなお陰で、街中でも身に着けている方はゴロゴロいるのに全然ときめかない!

それこそ不思議なぐらいに。

全部グレー。何もかも。

 

色付けは錦戸くんにしか出来ないんだって気付きました。

 

身に着けたものも口ずさんだ曲も美味しいと言ったものも、錦戸くんの頭の中に良いものとしてインプットされたものにはきっと全部色がついているのかな。

言葉が宝物になるっていうか。

すごい気持ち悪いこと言ってますよね、私。

まじで四流のポエマーですよね。

でも本当にそんな感覚で。

どれも聞き漏らしたくないんです。好きだから。

 

昨日までただそこにあった物なのに、錦戸くんが口にするだけで大事なものに変わる、ってそれこそ魔法みたいじゃないですか?

錦戸くんやっぱり魔法使いなのかな…

アイドルが魔法使いってファンタジーすぎません?

ホグワーツ通ったのかな。

 

とかは本当にどうでもいいんですけど。

 

とにかく錦戸くんには不思議な力があるんです。

そして私はその影響を体全体でバッシバシに受けまくっています。

もっともっと彼が放つ色を見たいし感じたい。

知らない世界を見せてほしい。

何より今ここまでの文章が本当に恥ずかしい。

このブログ最初から最後まで恥ずかしい。

 

 

錦戸くん、魔法解けてるからはやくかけて。